無垢フローリングといっても、その素材には様々あります

無垢フローリングのサイト

無垢フローリングといっても、その素材には様々あります

裸足で歩く時の感触もあまりよくなく、次に住む家には絶対に無垢フローリングを採用しようと思っていた。

無垢フローリングの良さは、時間の経過とともに味わいがある表情に変わることや表面にコーティングを施さなければ、調湿作用もあることなどにある。

以前住んでいた建売住宅の床には合板のフローリングが貼られていたが、時間の経過とともに表面が剥がれてきたり、変色したり、傷みが目立っていた。

無垢フローリングといっても、その素材には様々なものがあるが、自分が選んだのはパイン材である。

また、時間の経過とともに木材の年輪が綺麗に浮き出てきており、期待していた以上に風情があるのも嬉しい。

子供たちが結婚して家を建てる際には、いろいろとアドバイスをしてあげたい。

節がたくさんあることをデザイン的に嫌う人もいるかもしれないが、自然な風合いはなかなか良い。

現在の自宅を新築する際、床はほとんどをスウェーデン製の無垢フローリングにした。

もう一度家を建てることはないであろうが、何らかの理由で家を建てることがあれば、迷わずに無垢フローリングにするであろう。

パイン材は柔らかいため、傷などがつきやすいが、足腰には最も負担が掛からないため、お薦めのフローリング材である。

天然木を生かした無垢フローリング

▼サイトメニュー


Copyright (C) www.amygoodwinillustration.com. All Rights Reserved.

無垢フローリングのサイト